小陰唇の悩みは縮小で解決|女性クリニックだからできること

女性

早めに異常に気付く

考える女の人

唾液は口の中を清潔に保ち、涙は目の汚れを洗い流す役割があります。実はおりものにも同じような役割があるのです。女性の体は男性に比べて複雑にできていますが、膣や子宮に雑菌が侵入しないように守る必要があります。もし体内で繁殖すると病気になりますし、体調不良にもなります。おりものには、雑菌から膣内を守る役割があります。

おりものに悩む女性は多くいますが、その中でも臭いがある場合は注意する必要があります。通常は無臭となっていますが、不快を感じるほどの臭いである場合は、免疫力が下がっている可能性があります。現代はストレス社会となっているので、いろいろなシーンでストレスが溜まってしまいます。仕事や職場の人間関係だったり、友達や彼氏との関係だったり、精神的にも影響を与えてしまいます。適度にリフレッシュをしないと疲れをとることができないので、免疫力が下がってしまうのです。そのため、膣内で雑菌が繁殖してしまい、臭いの原因になっていることがあるのです。

いつもと違うおりものに気付いた時は、早めに婦人科を受診するようにしましょう。臭いもそうですが、いつもと異なる色の場合は、性病に感染している疑いも考えられます。症状が進むことにより、子宮頸がんに発展する可能性があります。治療が遅れてしまうと命にも関わってくるので、婦人科で検査を受けるようにしましょう。早めに発見することで適切な治療を受けることができますし、おりものの臭いを改善することができます。