Menu

ESをCSに結び付ける

アンケート

コンサルによる調査の意味

以前、多くの企業が顧客満足度調査に力を入れる姿勢を見せました。企業の売り上げを伸ばし、利益の幅を拡大させるためには、顧客満足度を上昇させることが必須となります。しかしながら、顧客満足度を上げるためには、従業員満足度を確かなものにすることが重要なのです。そのため、現在では、顧客満足度調査と従業員満足度調査を並行して行う企業が大半となっています。従業員満足度の上昇を図るためには、先ずその基盤となる社内調査が必要です。従業員の仕事に対する本音が引き出せない限り、従業員満足度を推し量ることはできません。その目的のためのアンケートは、多くの企業で実施されていますが、社内調査だけでは限界があります。社内アンケートだけでは、会社への遠慮の姿勢が強くなり、不平不満の声はどうしても縮小されてしまいます。そして、仮に本音が引き出せても、その先に結び付ける社内改善が上手く行かなければ、調査は成功したとは言えません。その意味からも、従業員満足度調査は、コンサルに依頼することが不可欠になるのです。コンサルによる従業員満足度調査が行われれば、社員の本音が引き出せるだけでなく、従業員満足度を正当な数値としてはじき出せます。その数値値を上昇させる策は何であるかの分析も重要です。そこまでを実施して、初めて従業員満足度調査は目的を遂げるのです。その状況を考慮すれば、コンサルによる従業員満足度調査は大いに意義があるものとなります。

Copyright© 2017 外国人アルバイト生の教育に最適な研修プランをチェック! All Rights Reserved.